パティシエになりたいと、製菓が学べる専門学校に通いたいと思う人もいます。洋菓子を本格的に学べるだけでなく、もっと多くのことが学べるのが製菓専門学校なのです。


当然、実技項目はたっぷりと行われます。



洋菓子の基本となるフランス菓子はもちろんのこと、他のジャンルの菓子作りを基本から学びます。パティスリーといった、小麦粉を使用したケーキや焼き菓子の実習も行われます。ホールケーキに欠かせない、生クリームを絞って飾りつけする技術やチョコプレートに名前を書く練習もします。
飴細工やキャラメルなどのコンフィズリーも行います。



砂糖菓子の中にウイスキーなどを入れたボンボンや、チョコレートの中に洋酒を入れた菓子などもコンフィズリーの一種です。

このように、社会に出た際に実践力のある実習がみっちりできることも魅力ですが、それ以外にも多くのことを学ぶのが、製菓専門学校なのです。


お菓子の歴史やお菓子作りに使用する道具などの知識など、製菓理論についても学びます。

そして、食中毒などを起こさないよう、保存法や食材の管理・見分け方など食品衛生額も授業の一環です。そして少し変わったところでは、店舗経営学といった授業もあります。


将来的に独立して店を構えることを考えるのであれば、スイーツを作る技術だけでなく、店の管理や経営、おしゃれなパッケージ法、測範などの知識が必要となります。



それも製菓専門学校で学ぶ事項となっており、店で修行するだけでは身に着けることが出来ない知識となっています。


 
Copyright (C) 2017 幅広い知識を学べる製菓専門学校 All Rights Reserved.