パティシエや和菓子職人、パン職人を目指していたり、スキルアップを図りたいと思っているなら、製菓学校に入学するのが夢への第一歩となります。実際に仕事を行っていく上で必要となる技術を身に付けるためには、どのような製菓学校を選べば良いのでしょうか。一番大切なのは、実習をたくさん行えることです。

最近はスイーツがもてはやされていることもあって、製菓の専門学校は全国にとても多くなっていますし、入学を希望する人も増えています。

しかし、それぞれの学校によって、カリキュラムや重視していることなどは異なっています。



多くの場合は、基礎を教えてもらうことに比重が傾いています。



実地で役立つ技術力を磨くには、実習をたくさん受けることが大切になります。
比重というよりも時間がたくさんあるということが重要です。

基礎を学ぶにしても、なるべくたくさん数をこなす、練習していくことで学べることが多いです。



理論を理解するよりも、実地で経験したことの方が、技術力を磨くことに直結します。実習の比重が高い製菓の専門学校であっても、その内容はそれぞれに異なります。


1年目に洋菓子、和菓子、パンなどの基礎を一通り学んだ上で、2年目にコースが分かれる場合は、広く浅く学ぶことになります。自分の進みたい道がはっきりしているのであれば、最初から専門的に学べる環境を取るのがおすすめです。
そうすれば、さまざまなレシピを何度も練習できたり、掘り下げて練習することが可能だからです。

 
Copyright (C) 2017 製菓学校を選ぶ時の基準 All Rights Reserved.