近年、人気を集めている職業のひとつであるパティシエを目指すのであれば、製菓学校に通うのがひとつの方法です。


製菓の学校に通うことには、プロから指導を受け、確かな知識や技術を身に着けることができる、就職などに際して有利になる、そして学生の時からプロの現場で経験を重ねることもできると言ったメリットが挙げられます。


加えてパティシエとして活躍する際に役立つ、様々な資格取得を目指すことができると言うのもメリットです。


パティシエは絶対的に資格が必要な職業ではありませんが、やはりそこで役立つ資格を有していた方が良い場面は多いと想定できます。
製菓の学校で取得が目指せる資格としては、以下のような資格があります。

まずは製菓衛生師です。


これはお菓子の製造に携わる人の資質の向上を目的とした資格で、主に衛生面の管理に対して必要になる資格です。
パティシエとして活躍するに際して、衛生状態の管理は切っても切り離すことができない業務内容になってきますから、そのために必要な知識などを習得していることの証明として、この資格はとても効力があると考えられます。

それから食品衛生責任者です。

こちらは食品の衛生上の安全を守る、その責任者であることを証明します。


飲食店など、食品に関する事業所においては必ず一人はこの資格を有している人が在籍していることが求められます。
ですからもし、将来的にはパティシエとして独立したいと言う場合には、この資格は取っておいて損はないと言えます。

東京の製菓学校の情報を見つけよう。

また製菓の製造技能を国が証明する国家検定として、菓子製造技能士検定もあります。



こちらも有していることで技能の証明に役立つので、是非とも取得を目指しておきたい資格です。



 
Copyright (C) 2017 製菓の学校で取得が目指せる資格とは All Rights Reserved.