パティシエ、ブランジェ、指導員等の将来就職や自立したい人の為に設立されている製菓作りに関する学校が全国各地に有り、中学卒業の義務教育を終えた人なら老若男女問わず進学する事が出来ます。


学校の種類は学業に専念したい人の為の製菓に関する専門学校を始め、高校や大学、高専内で設置されている製菓部門や社会人で働きながら週1日か2日の空いている時間で学ぶ事が出来る学校が有ります。
実際に通いたいのだけれども何から始めて良いのか、どんな事を学ぶのか分からない人の為にオープンキャンパスで実際にケーキや菓子パン等を作れる体験学習が出来る施設が有りますので、そこから始めてみるのも自分の適性を試す手段です。



自分の将来に合わせたコースが用意されており、スイーツの見た目重視で、デコレーションの反復トレーニングを重ねながら、商品としてお客様からお金をいただけるレベルの技術の習得を目指す、製菓店の従業員として働きたい人の為のベーシックコース、定番メニューのレシピを元に、繁盛している人気店の製菓レシピに関するポイントを例題として自己流のオリジナル商品を製作出来る知識の習得を目指す、自分の教室を開きたい人の為のエキスパートコースが有ります。



菓子の種類はを大きく2つに分類すると、西洋に起源を持っているパティスリーやコンフィズリー、グラスリーの洋菓子、日本伝統の羊羹、饅頭、最中に代表される和菓子が有り、自分で携わってみたい菓子を決めて学校選びをする事が大切です。



 
Copyright (C) 2017 製菓作りを目指す人の為の学校通い All Rights Reserved.