お菓子が好きで職業にしたい、という場合には製菓学校に進学することをオススメします。


菓子職人やパティシエになるための学校ですが、洋菓子や和菓子の片方を特化して学ぶ、または両方とパン作りなどを学ぶことができます。


洋菓子では製菓の基本となるパートシュクレやシュー生地、折り込み生地、スポンジ生地、バター生地などの洋菓子の基本となる技術や生地作りを学んでき、次に基本技術を応用してパティスリーやコンフィズリー、パスティヤージュ、マジパン細工やシュガーアートなどの技術を学んできます。



和菓子では、基本となる餡を作ることから始まり、饅頭などの蒸菓子や焼き菓子、平鍋菓子、上生菓子、流し物菓子に餅菓子などのベーシックな和菓子の作る実習や、冠婚葬祭に使われる引菓子に春夏秋冬の半生菓子、工芸菓子などの菓子作りを経験していきます。



温度や湿度などに対応するスキルなども学びます。


そんな製菓学校では、様々な資格を取ることができます。



製菓技術や食品衛生学などの知識を身につけることで国家資格である製菓衛生師、衛生管理の知識や栄養バランス、食材に関する知識、食文化などを身につけることで認められる調理師免許、食のシーンの演出から料理、メニューの企画などで活躍できるフードコーディネーター3級、色に関する幅広い知識や技術について認定する色彩検定などを受けられます。


学科によって取得できる資格は異なってきますが、しっかり資格を取ることで菓子職人として活躍できます。

 
Copyright (C) 2017 製菓学校で取れる資格 All Rights Reserved.