製菓の専門学校で学べること

洋菓子や和菓子の製造についてしっかりとした技能を身につけたいなら、製菓専門学校へ行くとよいでしょう。

プロとしての知識と技能を持った講師から製菓スキルに関する基礎を学べます。

学習期間は学校によって異なりますが、1年から2年が目安です。



学校のカリキュラムは理論を学ぶ「座学」と学んだことを活用する「実践」に大別されます。
どちらかといえば実践の時間が多いため、学んだ知識を定着させるには予習や復習が大切です。

実践についても、授業とは別の自主的な練習時間が設定されている場合があります。

練習時間でも製菓に必要な器具や材料は用意されているのが一般的です。



卒業後に社会において製菓技術を使って活動できるよう、資格資格もサポートされています。


その一例が国家資格の「製菓衛生師」です。

この資格があると、自分で菓子店を経営したい場合に役立ちます。また、「菓子製造技能士」の取得も目指せます。

技術の高さを示す資格なので、就職(転職)に効果的です。
卒業が近くなると、資格試験対策が中心となります。

資格によっては、試験の合格率を公表している学校もあるので、入学先を決めるための参考資料になるでしょう。

技能や経営知識の点で、卒業後にいきなり菓子店を開業するのは困難です。

そのため、菓子店への就職が一般的です。また、さらに高度な技術を学ぶために留学という選択肢も考えられます。



専門学校で学べるのは基礎的な項目なので、卒業後も積極的な学習が必要です。

 
Copyright (C) 2017 製菓の専門学校で学べること All Rights Reserved.