製菓の道 学校選びがカギ

最近では国内外のスイーツブームが広がり、スイーツだけでなくそれらを手掛けるパティシエの存在にも注目が集まるようになりました。限定品やお取り寄せなどプレミアム感を高め、競争は激しさを増すばかりです。



これまでは調理を専門とする学校で主に製菓が教えられてきましたが、スイーツの存在が激変した今では海外の製菓学校やその国内校なども大変人気があります。



また学校の他にも個人が製菓教室を開催している場合もあり、そうしたところに通う人も少なくありません。
個人的に好きなお菓子づくりの腕を上げたいというなら後者向きかもしれませんが、自己満足のレベルに留まってしまう恐れもありますから、製菓を本格的なキャリアとして考えている人にはむしろ学校のメリットをフルに活かす方が賢明でしょう。

学校に「入学」し、「卒業」するまでには一定の時間も学費も、さらには器材購入など多くが必要となりますが、キャリアのステップやサポートなど足がかりに必要な部分で有利となることは言うまでもありません。
どれだけ自分の技能に自信があっても、例えば卒業直後に個人を売るのは容易ではありません。そんな時の紹介は強い味方となってくれますし、在学中であってもつながりを広げたりと後々のための準備を進めることも可能です。


利点の多さは挙げられても、それらは自動的に与えられるものではありません。
在籍中に技術を磨きながら、自分自身の方向性に見合うような努力は必要です。



 
Copyright (C) 2017 製菓の道 学校選びがカギ All Rights Reserved.