パンや和菓子、洋菓子などを作る仕事に就きたい、お菓子づくりの趣味をもっと上達させたいというときは製菓専門学校に行くことをおすすめします。

パン屋さんで働いたり、パティシエとして活躍するためには、国家試験である製菓衛生師やパン製造技能士の資格を持つことが前提になります。



国家試験ですから簡単に合格することはできないので、基礎的な知識から技術まで学べる製菓専門学校に通うことによって、国家試験の受験資格が得られるので、合格までの道のりが近くなるといえます。

製菓専門学校には複数のコースがあり、それが学校によって異なります。

国家試験に合格するために、食品の知識から和菓子や洋菓子、パンの製造技術を全般的に並ぶコースがあります。
その他に、洋菓子だけに特化したコース、同じように和菓子や製パン技術に特化したコースもあります。


卒業してから自分がどのような職業に就きたいかということを考えて、コースを選ぶと良いでしょう。
製菓専門学校では、入学する前に体験入学を行っているところがほとんどです。入学してから自分が学びたいものと違う、何となく授業の雰囲気が合わないということが起こらないようにするため、体験入学には積極的に参加をすることをおすすめします。

体験入学では、実際の講義と同じように実習を行うことができたり、在校生から直接話を聞くことができます。



そして調理に必要な設備についても確認でき、卒業後のサポートや就職先を調べる良いきっかけになります。



 
Copyright (C) 2017 製菓学校で学べること All Rights Reserved.