製菓学校はパティシエや菓子職人になるための様々な知識や技能を学ぶ事ができる学校です。

洋菓子と和菓子の両方を学べる科もあればどちらか一方に特化して勉強する科もあります。



パティシエや菓子職人は絶対に学校に通って卒業していないとなれない訳ではありません。



しかし卒業している人の方が修業場所を探し時に有利になれますし、ある程度の知識やスキルを持って現場に入っていく事ができます。パティシエや菓子職人に関連する国家資格としては製菓衛生士があってこの資格を取るため勉強も製菓学校でする事ができます。

全日制だけではなく、夜間制や通信制もあるので必ずしも全日制で通わないといけない訳ではありません。
修業年についてはそれぞれ違っていて早い1年で修業する科もあれば3年で修業という場合もあるので、通い始める前に良く検討して決めると良いです。
授業料は学校やコースにもよっても違いがありますが、ほとんど場合に年間100万円から150万円前後の学費が必要になってきます。

3年で修業という場合は卒業までに少なくとも300万円から400万円ほどの学費が必要になると考えられます。

また留学を取り入れているコースの場合はさらに学費学費がかかります。



留学の場合は勉強費だけでなく、現地での生活費から交通費もかかるので費用がかなり高額になってしまいます。

入学をする前に修業までにどのくらいの金額がかかるか把握して準備をしておく事が大切です。

 
Copyright (C) 2017 製菓学校で学べる事と費用 All Rights Reserved.